まいどくん速報(=゚ω゚)ノ

ニュース、コネタなどを速報、いや、気が向いたときに。。。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    Ronnie James Dio-This Is Your Life

    1. Anthrax - Neon Knights - 00:00
    2. Tenacious D - The Last In Line - 04:28
    3. Adrenaline Mob - The Mob Rules - 08:11
    4. Corey Taylor - Rainbow In The Dark - 11:30
    5. Halestorm - Straight Through The Heart - 15:54
    6. Motorhead with Biff of Saxon - Starstruck - 19:53
    7. Scorpions - The Temple Of The King - 24:00
    8. Doro - Egypt (The Chains Are On) - 28:38
    9. Killswitch Engage - Holy Diver - 34:46
    10. Glenn Hughes - Catch The Rainbow - 38:55
    11. Jimmy Bain - I - 45:40
    12. Rob Halford - Man On The Silver Mountain - 51:08
    13. Metallica - Ronnie Rising Medley (Featuring A Light In The Black, Tarot Woman, Stargazer, Kill The King) - 56:25
    14. Dio - This Is Your Life - 1:05:30
    15. Jasta - Buried Alive (Digital Bonus) 1:08:55

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    内容紹介


    反日デモや激しい抗議などを見る限り、韓国ではよほど過激な「反日教育」が行われているように思えるが、実際に韓国の学校で教育を受けてきた著者は「直接的に反日感情を高めるような授業は記憶にない」と語る。
    しかし、それは「反日教育が行われていない」ということでは決してない。
    あえて反日感情をあおるような手法をとっていないだけで、積極的かつ巧妙に子どもたちに日本に対する負のイメージを高めるような教育が行われているのだ。
    韓国の「反日教育」の実態を解き明かすためには、「歴史教科書」だけではなく、「国語」「道徳」「音楽」、さらには「校外学習」のような課外授業にまで目を向ける必要がある。
    韓国社会が行っている「反日教育」とはどのようなものなのか?
    そしてそれはどのような影響を与えていて、今後どうなっていくのか?
    韓国人だから書けた韓国の教育問題に鋭く切り込んだ1冊。

    著者について

    崔 碩栄(チェ・ソギョン)
    1972年韓国ソウル生まれ。韓国の大学で日本学を専攻し、1999年渡日。関東地方の国立大学で教育学修士号を取得。
    ミュージカル劇団、IT会社などで日韓の橋渡しをする業務に従事する。
    2009年韓国へ帰国し、著作活動を開始。
    2010年韓国メディアの反日扇動を告発した『김치애국주의―한국언론의 이유없는 반일(キムチ愛国主義―韓国言論の理由なき反日)』を上梓。
    同書が韓国文化観光部が選定する2011年社会科学部門優秀推薦図書に選ばれる。
    現在、フリーライターとして活動、日本に関する紹介記事を中心に雑誌などに寄稿。
    著書に『韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由』(彩図社刊)がある。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    BlUP8tjCAAEvsiD

    唐揚げをガン見しておられます。

    このページのトップヘ